六限の図書館

Vol.19 MYU Cinema Days開催予告

アメリカ諸都市のさまざまな場を記録しながら、現代社会そのものを浮き彫りにするドキュメンタリー映画の巨匠、フレデリック・ワイズマン。その最近作から《図書館》そして《大学》という、私たちに身近な場を題材とした作品を上映します。公共/パブリック、地域社会、知の拠点、あるいは、民主主義についてあらためて考えることを促されている今日、専門分野や学生・教職員を問わず興味深い発見があることでしょう。(小川直人[学術情報センター学芸員])

開催日

1日目:2019年12月9日(月)13:30-18:00
2日目:2019年12月10日(火)13:30-18:00
(開場は15分前を予定/途中休憩あり)

会場

宮城大学 大和キャンパス本部棟2階 メディアシアター
(宮城県黒川郡大和町学苑1-1)

入場無料(一般の方もご覧いただけます)

上映作品:12月9日(月)『ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス』

原題:Ex Libris: The New York Public Library/監督:フレデリック・ワイズマン
/2017年/205分/英語/日本語字幕

アメリカを代表し、世界中の図書館員の憧れの的であるニューヨーク公共図書館。19世紀初頭の荘厳な建築物である本館と92の分館での活動を描く。一般の利用者では見ることのできない図書館の裏側を記録し、公共とはなにか、民主主義とは何かを浮かび上がらせる。

*上映後にトークセッション予定。

上映作品:12月10日(火)『大学 -at Berkeley』

原題:At Berkeley/監督:フレデリック・ワイズマン/2013年/244分/英語/日本語字幕

カリフォルニア大学バークレー校は、アメリカで最も古く権威のある総合大学である。世界有数の研究教育機関であり、学生運動の拠点にもなったリベラルな校風でも知られる。授業や研究活動、大学構内で行われる学生たちのさまざまな活動、また、大学を維持・管理・経営していくための無数の会議や行政との折衝など、大学で行われるあらゆる活動を追う。なお、東北では今回初上映。

*上映前に解説あり。

監督紹介: フレデリック・ワイズマン(Frederick Wiseman)

1930年生まれ。イェール大学大学院卒業後、弁護士として活動を始める。やがて軍隊に入り、除隊後、弁護士業の傍ら大学で教鞭をとるようになる。1967年、初の監督作となるドキュメンタリー『チチカット・フォーリーズ』を発表。マサチューセッツ州で公開禁止処分となるが、その後も社会的な組織の構造を見つめるドキュメンタリーを次々に制作する。「現存の最も偉大なドキュメンタリー作家」と称される。

関連企画

今回の上映会にあわせ、ディスカバリーコモンズ(図書館)では、上映作品に関連する資料のほか、学内に点在するコモンズを紹介する展示を行います。

主催:宮城大学
後援:宮城県図書館
企画:宮城大学 学術情報センター/データ&メディアコモンズ
作品提供:ミモザフィルムズ/ムヴィオラ/一般社団法人コミュニティシネマセンター

問い合わせ:宮城大学 学術情報センター(大和キャンパス内/電話:022-377-8313)

これまでの六限の図書館